最強にインプットを効率的に行う方法

4af80d869c9ad885dc9b943bf814adb2_m

インプットを最強に効率的にかつ最強に定着させる方法を書きたいと思いまーす。

最強が多いですね笑。中学生か。

本や電子書籍でのインプット方法

なんだかんだ言っても定番なのは、本と電子書籍でのインプットです。いわゆる読書ですね。

この読書をするメリットなんかはとりあえず置いといて(メリットありまくりだから)、具体的な方法論を書いていこうと思います。

本を使ったインプットなら書き込んでグルグルまわす

本って結局読んだだけじゃ意味なくて、読んで知った内容を実践しないとマジで無意味です。娯楽となんら変わりませんし、もしただ読むだけを投資と思っているなら、それは投資ではなくてただの時間の無駄にしかなりません。

で、受験生の頃とかを思い出してほしいんですけど、受験生の頃って参考書をアホみたいに何回も何回も読んだり書いたり音読したりして頭に知識を定着させたと思うんですよ。

ぼくも自宅浪人してるときは、ひたすら同じ参考書の問題解いたり読んだりしなくまってました。

この受験生の暗記という行為が、紙の本にも応用できて、紙の本も覚えて実践したい内容をひたすらエグっていく必要があるわけです。まずそもそも、内容を覚えてないと実践すらできませんからね。

なので、読む→黄色マーカーとかで軽く印をつけて何周もする→実践

この手順をすれば確実に本からのインプットの質は高まります。

たまーーーに、本に書き込むのが嫌だ!とか言ってる人がいるんですけど、そういう場合はなんの目的で本を買っているかを明確にしたほうがいいです。

乃木坂の橋本奈々未ちゃんの写真集を観賞用に買ったなら良いと思います。部屋にかざっておきましょう。

でも、多くの人はその本から何か知識を得て、人生をより良くしたいという目的で本を買ってると思うんですよ。ぶっちゃけ、本という物自体に価値はなくて、そこに書いてある情報に価値があるわけですから、本なんて情報を抜き出したらただ分厚いゴミと同じです。

だから、本なんて書き込みまくって定着させて実践しまくれればそれでいーんです。

電子書籍ならハイライトして何度も読み返せばOK

ぼくはkindlepaperwhiteを買って、kindleunlimitedに登録しているので、kindle端末でたくさん本を読みます。

すると、「おーええやん!」って内容に出会うわけですよ。

そしたら、そこで「ウンウンイイゾー!」で終わらせないで、ハイライトして何度も読み返せるようにしておきます。それを読み返すだけでもかなり良質な知識が効率的に定着させることが可能です。

ちょっと関係ないんすけど、普通に本たくさん読む人はpaperwhiteとunlimitedは登録しといて損ないっすよまじで。

【最強】音声インプット

ぼくが特に最近アツイな~と思ってるのが、音声によるインプットです。

なぜ音声なのか?というと、

1、どこでも聞ける

2、目が疲れない

3、字よりも音声のほうが潜在意識にすりこまれる

4、洗脳にかかることができる

5、作業中も勉強時間になる

6、マジでやべえ

6はおいといて、普通にメリットしかないっすね。

特に何か作業をしながらでもインプットができるのが魅力的ですし、さらに人は字という媒体よりも音声という媒体のほうがより潜在意識にすりこまれるらしいです。つまり、洗脳にかかることが可能ということです。

YOUTUBEを使った無料で良質な音声インプット

youtube-logo

YOUTUBEでは、音声での情報発信をしている人がいます。

マインドだとか、体験談とか、英語のお勉強だったりとか、ほんといろいろです。

このYOUTUBEにあがってる音声を耳にぶちこみ続ければ、無料でのインプットが可能になります。もちろん、優れたインプットをしたいので発信者は選ばないとダメですけどね。

ぼくであれば、自分の関心のある分野で自分よりも先にいってる人の音声をよく聞いてます。

そういった音声を聞くたびに「ああ、おれってまだクソ雑魚のなかの雑魚だなぁもっとがんばろおおお」と思えるので、すごく有意義です。

オーディオブックを使ったインプット

Amazonはプライム会員だと、オーディオブックが3か月無料お試しができるそうです。

というわけで、ぼくもお試しでやってみました。

カッコイイ

screenshot_2016-11-06-21-22-08

screenshot_2016-11-06-21-22-47

普通に男の音声なのが気にくわないですけど、わりかし良いのかなぁという印象。

ただやっぱり、聞いてる感じとしてはYOUTUBE音声>Amazonオーディブルかなぁ。

普通に3か月後も続けてそうな感じ。Amazonに囲われてます笑。

音声インプットにクソオススメできるイヤホン

メンタリストのdaigoがほぼ一日中オーディオブック聞いてますね~みたいなことを動画で言っていたので、ぼくも真似してみました。

今回買ったのはコイツですね。

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%9b%e3%83%b3

QCYっていうワイヤレスイヤホンです。

両耳だと外でつけるのは恥ずかしんで、片耳のみのやつにしました。

買ってみた感想としては、音楽でもまあまあいけるけど、音声勉強のために使うならマジでめちゃくちゃアリだなという感じ。というか、もうクsssッソいつもつけてます。

装着感としては、ランニングまですると落っこちそうな感じかなぁ。不便なことは特に感じないですね。強いて言うならば、充電が7時間くらいしか持たないのでヘビーユーザーには毎日充電必須くらい?

イヤホン類だと、コイツ以外にもノイズキャンセリングとかも買いましたけど、普通にワイヤレスのほうが有意義なお買い物になりました。

商品ページが4つくらいありますけど、どれも同じで2000円くらいですね。

ぶっちゃけどこで買っても大差ないので、どこでもいいと思います。

アウトプットが最強のインプット説

アウトプットが最強のインプットっていうのは当たってると思います。

結局のところなんでインプットするのって、良質なアウトプットをするためですよね。

ネットビジネスの関連書籍や情報商材を読む人はなんで読むのかっていうと、その知識を得て実践して稼ぐためです。

大学受験の勉強法の本について読む人は、読んで毎日の勉強を効率的かつ継続的にできるようにするためだからです。

「インプットしたらアウトプットする」

これは徹底的にやったほうがいいなぁと最近ぼくも思いました。

ぼくはブログに書いたり、実生活で実践したり、人に話したりすることで知識の定着をはかってます。

インプット→やる→アウトプット

実はインプットしてアウトプットするだけだとどこにでもあるつまらない情報になりますし、ただ内容を頭で覚えているだけで実践できているとは言えません。

例えば、ぼくが

メンタリストdaigoの超集中術の本読みました!

人間にはウィルパワーというものがあって、それを鍛えて増やす&節約して減らすことで日々の活動を活発的に過ごせるみたいです!!!!!

シリコンバレー式の完全無欠コーヒー読みました!

良質な油を摂取しましょう!!!!

って書いたとしても、本読んでない人からでも「へーそうなの」程度で、読んでる人からしたら「おい。それ知ってるから。つまらんわはげ」ってなるわけです。

つまり、ただインプットしてそれをアウトプットするだけっていうのは、実践できていないので人生がより豊かになるとは言えないのかなぁと思いますし、価値提供ができてません。

でもここに、「自分でやってみる」という一手間を加えるだけで、大分オリジナリティがでてブログなりの媒体で発信すればそれは価値がある情報になります。

そして価値のある情報は今の情報社会では、収益につながりますね!

youtuberもインプット→やる→アウトプットしてるだけ

ふと、インプット→やる→アウトプットで思い出したのが、youtubeに動画を投稿して稼ぐyoutuberといわれる人たちです。

youtuberほど収益化が単純なものはなかなかないなぁと最近思うんです。

だって極論言ってしまえば、インプット→やる→アウトプットだけですからね。もちろん、再生回数を集めるための工夫や企画、継続などといったことは稼ぐうえでの壁にはなりますが、仕組みはいたって単純です。

インプット→やる→アウトプットのこれだけです。

でも、ぶっちゃけどんな分野でもこの3つができれば金は稼げるなぁと最近すごく思います。

良質な知識を得て、それを実践するっていうそれだけで。もちろん常に改善は必要だと思いますけどね!

ただまあ、この良質な知識っていうのが実はすごい重要で、TVとかyoutuberの動画を見ていてもこの良質な知識は手に入りません。(トレンドリサーチとかの意味では使えます)

まとめ

本や音声を使ってインプット。

それでそのインプットしたものを実際にやってみて、アウトプットする。

これだけで自分の知識は定着してさらに収益化もできるということでした。

ちなみにアウトプット先は、今やなんでもいいと思います。ていうかどんな媒体で発信してもそれが収益につながりますからねー。

ブログ、Twitter、youtube、facebook・・・とかとか。

どれも収益化できます!

しかも知識も定着する!

やべえ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする