ネットビジネスは短期集中と言われる理由

%e9%a3%bd%e5%92%8c

ネットビジネスで強い人は、口をそろえて

「ネットビジネスは短期集中でさっさと駆け上がるんだー!!##」と頻繁に言ってます。

この理由はすごく単純で、初心者が取り組めるネットビジネスはすぐ飽和するからです。プラットフォーム転売なんかはほんとに飽和が早いのが、昔から今のAmazonの流れとかを見ればほんとによく分かります。

つまり、楽に稼げていろんな人が情報発信をしちゃうようなものっていうのは、すぐ飽和して稼ぎにくくなります。

「じゃあどうするんだー!!!!%%%%%”##$”#”#”」っていうと、そこでさっさと稼いで次のフェーズにいくしかないっていう結論ですね!

ウアアアアアアアアアアアア

ウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

ネットビジネスで早く結果を出すべき理由は飽和

ネットビジネスは移り変わりが激しい世界です。

少し前に稼げてたことが、あまりにも楽に稼げすぎて参入者が増えまくり飽和~なんてのはよく聞くお話です。

過去にアフィでも転売でもあるツールを使うだけで、メッチャ稼げるぜー!というのは嘘ではなくて存在したらしいです。らしいです。

でも、例外なくそれらのものは今では稼げなくなっていますし、結局そういうもんなんです。

誰でもかんたんにできてしまうようなものは、参入者が増えるorそのツールやプラットフォーム自体がダメになるという理由で稼げなくなります。

この事実はもう、ネットビジネスの歴史みたいなもんを拾いまくっていれば明らかに分かることです。

実際、ぼくも今は転売をプラットフォームでやってますけど、「長くは続かないよなあ・・・」と思いまくってます。要は飽和するわけですね~。

飽和したら今いくらたくさん稼いでようが、そこでの稼ぎは終了になるわけで、結論として飽和する前に次のステージに駆け上がるしかないし、駆け上がるならそのノウハウが通用する間にその金を次に活かすってイメージなんでしょう!

飽和の関係ない世界へいくには資金が必要

プラットフォーム転売は、自分でやってても分かりますが、ほんとにかんたんです。ただ仕入れて集客力のあるなかで売るだけですから、かんたんじゃないはずがないという。

でも、このかんたんさっていうのは裏を返せば誰でもできるというデメリットでもあります。多くの人が入ってくるので、より早く飽和するわけです。

最近ぼくがすごく悩んでいるのが、次にどこにいくか~なんですよね。

まあ一種の楽しみでもあるんですが、基本的に参入障壁がある程度あるところで稼げたりするところの情報はネットにはほぼ落ちていません。まあ、そもそも自分だけが稼げる情報をいちいちネットに公開する意味がないよねってお話なんですよね。

話しがそれちゃいますけど、Googleで検索して出てくる情報って、所詮無料の情報で誰でも見れることを前提として公開されてるから何かしらの意図があるんです。

稼ぎ方を公開しているサイトなら、そういった情報を発信することでコンサルや塾生の募集などをしていますし、他にもアフィリエイト目的やアドセンスの収益を目的としているサイトが多いでしょう。

こんなことを言い出すとキリがないんですけど、普段拾ってる情報は誰かしらの意図がある情報をぼくたちはGoogle検索で拾ってるわけです。

つまり、マジデヤベエ情報はネットには公開されませんし、リアルな出会いか自分で試行錯誤して得ていくしかないんだと思います。

で!

自分で試行錯誤するには、ビジネスならお金が必要です。なくても出来ますが、あったほうが早いという結論。

一時のノウハウで稼ぐ→誰にも邪魔されないとこにいく

これが、ネットビジネスを短期集中でやるべき理由なんだなと思いました!

そして、ぼくもさっさと今のステージを脱さないといけないなぁとお悩み中です。

まあでも、いつの時代も何かしらすぐ飽和はするけど稼げるものはあったりするんでしょうけどね~~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする