学校で学べることって少なすぎじゃね?不登校で全然良いよ

150415092468_TP_V

今まで生きてきて、それと今現在も、学校の価値ってなんなんだろうと疑問に思ってます。

子供の頃からなぜか毎日毎日朝っぱらから学校に行って、大して何も学べない不毛な時間をひたすら過ごして、ぼくたちは年を食っていきます。

ぼくは、昔不登校だったけれど、正直全然問題ないんですよ。どの側面を取っても。

むしろ、学校に行かなかったことで得られたもののが大きいんじゃないかなあ、とさえ思ってしまいます。

家でずっとネトゲをしてた時も、学校なんて行かずに受験勉強してた時も、今だと良い思い出だし、めちゃくちゃぼくの人生に活かされてるんですよ。

もし学校に行ってたら、何も考えずにとりあえず与えられた課題みたいなものをひたすらこなして、てきとーに生きてたんだろうなあ・・・。

学校は無駄

1.学校に通うメリット

  • 身分を確保できる
  • 恋愛・・・?
  • ない
  • ない
  • な・・・い・・・

学校に通うメリットなんて身分の確保と恋愛以外に存在しなくないですか?

お勉強が学べる?交友関係が学べる?

いや、これらのことって家や学校以外のコミュニティでできますし、学校に通うメリットが全然分かりません。真面目に。恋愛も学校以外でできるしね。

だって、ぼく20年間生きてきましたけど、「学校に行って良かったことはなんですか?」と聞かれても答えられないですもん。

唯一あるとしたら「女子からモテて楽しかったです」とか答えるくらいかな・・・。

学校に行かないと心配されるのが「勉強はどうするんだー!」「コミュニケーション能力はどうするんだー!」とか、そこらへんの懸念だと思います。

勉強に関して言っちゃうと、参考書とてきとーに誰かしら質問できる人がいれば自分でできますよまじで。しかも学校みたいにダラダラやることなく、集中して主体的に学べるので、効率も全然違う。

申し訳ないけれど、ぼくが勉強を意識してしたのは、小学3年と4年の頃と18歳、19歳の大学受験の時だけです。

ほんとにそれ以外は全く学校のお勉強とか、大学受験のためのお勉強なんてしてません。

小学3、4年の頃は宿題をやる謎な使命感があったのでやってました。

大学受験の時は「早稲田カッケー!」と思って、そこに憧れて自分のために勉強をしました。

でまあ、こんなんでも学校のお勉強の最終目標大学受験で、ギリギリ早稲田入れますからね。

こう振り返りと、ほぼ大学受験のためだけにやっている小学校から始まる学校のお勉強がどんだけダラダラやってるか分かります。

あと、コミュニケーション能力も別に問題ないんじゃな・・・い?

生きてれば誰かしらとは関わりますしね。学校なんてなくても。

協調性とかそんなもんは自分の存在を消すのと同じだとぼくは思ってるので必要ないですし・・・、学校ってほんといらないよね。

2.学校に通うデメリット

  • 時間密度がクソ薄い
  • 常に無理矢理やらされるから能力が伸びない
  • 謎のお勉強大事主義
  • 毎日決まった時間に通学する奴隷生活
  • 学校という檻に閉じ込められて世界が狭まる
  • 学校に真面目に通っても報われない
  • 金を稼ぐ力が身につかない
  • 常に与えられるから受動的になる
  • 中学校で身だしなみを整えろとかいう謎な制度

挙げていったらたぶん100個とか普通に列挙できる自信あります。

学校に通うのってデメリットだらけなんですよ。

ていうかデメリットうんぬんを抜きにしても、毎日行くのって嫌じゃない・・・?

なんでせっかく生まれてきたのに、毎日毎日嫌なことを十年とか続けないといけないんだっていう。

何度も言いますけど、学校に行かないと得られない能力とかないですから。まじで。

学校なんて行かなくても生きていける

学校なんて行かなくても生きていけますよ。

中学は1年しか行ってないし、高校も定時制で欠席マックスレベルまでしたぼくが言うんだから間違いない。

1.人間関係

人間関係の面で言うなら、何かしらのコミュニティに属しさえすれば問題ないですよ。

学校なんてそこらへんの近所の子を集めまくって形成されたコミュニティなので、別に特別なコミュニティではないです。

ただ、外部の人間(家族以外)から学べることはすごく多いので、何かしらのコミュニティに属すること。もしくは、人との関わりを持つことは大事ですね。

ぼくは不登校だった時に、ひたすらオンラインゲームをやっていたので、オンライン上で見えない人達とたくさん関わってきました。

ゲームと言えど、人間と人間の関わりなので、かなり学べることは多かったですね。今思うと。

ゲームをしてた頃は、同年代の人もたくさんいましたし、20代、30代の人もいたので同世代だけと関わっていたよりも見えるものはかなり変わりました。

大学受験をしようと思ったのもネットやゲームがキッカケですしね。

2.勉強面

学校に行かなくても勉強面は全く問題ないです。

なぜなら、どうせやる気がない状態で学校に行っても大して勉強なんてできるようになりませんから。

やる気がない子は学校に行く行かない関係なしにどうせやりませんし、やる気がある子はどちらの場合でも勉強をします。

さらに勉強のモチベーションとなるのって、やっぱり外部からの刺激だと思うんですよ。

学校や家族と固定されているコミュニティのなかでは、見える世界も変わらないんで、勉強しようとか思わないっていう。

そういう意味で学校から飛びだすのはいいんじゃないでしょうか。

それに今は勉強をしたいと思っても、内容が難しい場合は勉強の助けとなるサービスもありますから。

【受験サプリ】動画授業で苦手を克服

受験サプリ(スタディサプリ?)とかは、良いサービスですよ。

モチベーションさえ自分で持てれば、月1000円くらいで勉強ができる環境を作れますからね。

最後に

ぼくがいじめられて中学2年生から不登校になったお話
上の記事でも触れてはいるんですけど、ぼくは中学2年生の時にいじめがキッカケで不登校になりました。 不登校になってからは、日々ネトゲに明け暮れて、寝るのは朝の5時で起きるのが昼の2時。こんな生活をひたすら繰り返して生きてました。 ...

ぼくは不登校⇒定時制高校⇒早稲田って生きてきてます。

まあ明らかに学校に行ってる時間は普通の人より少ないんですけど、マジで何も問題なさすぎて逆に心配になるレベルです。

なんでみんな学校に行くの・・・?としか思えない。

毎日毎日嫌々学校に行って、やりたくもないことを無理矢理やらされて、つらくない?しんどくない?意味不明じゃない?それって何に活かされるの?

今は学歴なんて徐々に価値がなくなってきてるわけで、そんなんよりも自分で生きていく力のが重要なんですよ。

学校に行ってるから安心とかそんなのは思い込みです。

自分で主体的になれない子供は学校に行ってても意味ないですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする