大学はだるいよね。出来る限り楽に卒業する方法を考えてみた

このブログに「大学だるい」「大学ぼっち」とかこの手の検索キーワードで飛んでくる人が多いので、今回はだるい大学をいかに楽に卒業できるかを考えてみます・・・!

実際ぼくも模索してます。

大学がだるいのは同意

自分が上手に大学の授業を使えてない可能性もあるんですけど、大学って普通に生産的ではないとぼくは思ってます。

「文句があるならやめろー!」

と言われてしまいそうですけど、守りの学歴を確保するためには仕方なく行くしかないわけです。

それになんだかんだで身分って大事ジャン・・・?

1.無駄な授業の対処法

大学に通っていれば必ず出会うであろう、無駄な授業。

この無駄な授業は避けても避けきれないのが現実です。

で、そういう授業はどうするかっていうと、寝るとかPC見るとか漫画読むとかありふれたことを書いても仕方ないので、ぼく流アレンジすると

単位を落とすつもりで授業を受ける

もうこれに尽きる。

単位来ればラッキースタンスでいくという。

でまあ意外と最低限出席と課題提出と1日か2日少しだけ勉強してテスト受ければ単位なんて来るんですよね。ほんとに。

教えてる側も大量の学生を見てれば1人1人念入りにチェックするなんてことはないんですよ。

だから興味ないし、いやこんな知識いらんだろ・・・と思ったらてきとーでオッケー。

でも、出席がキツイですよね・・・!

2.無駄に長い移動時間の過ごし方

大学は家から徒歩10分♪なんて小学校みたいなことはないので、やっぱりなんだかんだで移動時間は膨大になります。

ぼくなんて1時間10分×2セットで、大学に行く日は2時間半くらい移動時間に使ってますからね。どんだけ移動してんだあほか。

真面目に移動だけしてるとどう考えてもwaste of time(時間の無駄とかっこつけてみた)なので、何かしらすることを考える必要があります。

2-1.知識のインプットは楽

移動中に知識をインプットするのは良いですよね。

今はスマホのkindleとかでいつでもどこでも本が読めますし、音声もmp3にすればIpodやスマホで聞けます。

こう考えると、移動中に知識をインプットするのは非常にやりやすい時代にはなっているなーと思いますね!

ちなみに大学生でアマゾンのスチューデント会員じゃない人は、人生損してるから登録したほうがいいですよー!

月額160円くらいで、映画見放題、送料無料、書籍のポイントUPとか普通に良い。

2-2.場所なんて関係ないぜ!アウトプットあるのみ!

理想なのは場所に関係なくアウトプットできると良いんですけど、お金がかかりますね。

ポケットワイファイとか買っちゃえばどこでもネット見れて、アウトプットも出来るわけですけど、ウーン・・・、ぼくは少し微妙です。

ただ、アウトプットしたい時にインプットしかできない環境だとイライラしそうなので、ポケットワイファイがあると良いんでしょうね。

2-3.歩いてる時間は運動と思えば悪くない

歩いてる時間をぼくは運動だぜ!ヒャッホー!とバカハイテンションにポジティブに捉えて歩いてます。

ダイエッターのぼくはやっぱり歩くの大事ですからね。なかなか思うように痩せなくてつらいけど。

歩いてる時間はIpodで音声なり音楽なり聞けるので、わりと有効活用もできそうな感じ。

事前に準備するのが面倒だけれど。

3.大学での人との付き合い方

無駄にサークルの新歓期とかに顔を広げちゃうと結構だるいのが、大学の人付き合いですね。

ぼくはなんやかんやで入学当初はサークルは正義!人付き合いは正義!と思いこんでいたので、いろいろ新歓に出て逆にだるくなったパターンです。

でもまあ、あんま好きじゃない人とはてきとーに会ってもあんま話さなければ付き合わなくなりますし、好きな人とは話せばいいっていう、それだけですね。

昔は人に合わせて調和性を重んじて生きてましたけど、疲れるだけでなんのメリットもないことに気付いたのでマイペースにぼくは生きてます。

楽に卒業するためには楽単と興味のある授業を取れば良い

大学入学当初は、「あー憧れのー授業マスターになりたいなーならなくちゃー絶対になってーやるーーーーーー」と思ってたんですけど、普通に無理ですね。

学校内の成績を良くして授業料免除狙うとか、そういうモチベーションがない限りは無理。

授業を真面目に受けて必死にノート取ってもぶっちゃけあんま意味ないしね。

1.楽単探しのために成績は捨てるしかない

なんだか誰かから怒られてしまいそうだけど、楽単探しのためならぼくはどんどん授業を取ってきっていくべきだと思ってます。

早稲田だとGPAっていうのがあるんで、それがクソ低くなって就職がどうこうとか脅されるんですけど、まあそんなのどーでもいいわけです。

いかに授業をミニマムにして、自分の時間で自分のために時間を有効に使えるかのが重要だとぼくは思ってます。

だから楽単な授業を探すべし。

2.興味がある、タメになる授業は真面目に受けると普通に良い

ぼくの場合だったら、人間科学部っていう多種多様(広く浅く)な学部なんで、プログラミングのお勉強とかを少しかじったりすることができるっていうのが良い!って感じで興味があるものは真面目にやると得ですね。

得というか、楽しい?というか、役立つ?というか、何か目的があれば一石二鳥的な?

しかも単位にもなって卒業もできるという・・・!すげえ!

ただ、なかなか入学前にやりたいことで入学した人よりも偏差値的な意味で入学した人のほうが多いのが現実なので、なかなか難しいでしょう。

そういう意味だと早稲田の人科は立地を除けば最高じゃね!?

立地を除けば・・・!

大学なんてやめればいいじゃん!?って言える人間になろう!

大学なんて所詮守りです。

成功者、お金持ち、そういった人がみんな学歴が早稲田ですっ(キラッ)慶應です(キラッ)東大です(キラッ)とか言ってるかというと、そうじゃないんですよね。

結局、学歴なんてものは自分が何もできなくて何の能力もない時に、「受験勉強を勝ち抜くだけの根性はありますよ」っていう証明以外の何物でもないです。

だから結局、成功者とかお金持ちとか自分がなりたいものになれれば、大学なんていらないわけで、「大学なんてやめればいーじゃん!」って言えるような人間になれれば最高ですよね!

ぼくは今それを目指してますけど、かんたんにはいきません!

がんばろう大学生!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする