糖質制限18日目!ライザップの食事制限がきつすぎる件な

lHZVYpRe0nPJO1j1465035195_1465035238

現在ライザップに通い始めてから18日目です。

つまり、18日間ご飯や麺類、スイーツなどの甘い物を食べていません。

するとやっぱり、クソしんどくなってきました・・・!

食べたい物が食べれない、食べたら太る、食べたら33万無駄になるとかいろいろ考えてしまって、それ自体がストレスになって本当につらいです!

ライザップの糖質制限、食事制限のどこらへんがキツイのかを具体的に書いていこうかと思います。

1.ライザップの食事制限のつらさ一覧

1-1.食べたい物が食べれない

当たり前ですけど、食事制限をしていると食べたい物が食べれません。

基本的においしい物は全て糖質を含んでいるので、大体のものが食べれないんですよね。

ご飯、麺類、スイーツと、おいしい物ランキング上位に入ってしまうようなものは食べれません。というか、食べたら精神的に発狂します。

こんにゃく麺

ちなみに、冷やし中華やうどん、ラーメンなどなどの麺類はこんにゃく麺が販売されているので、それで代用はできます。

なんとなく冷やし中華風のものはできます。

でもやっぱり味気ないですけどね・・・。

1-2.トレーナーと自分に嘘をつきたくなる

ライザップをしていると必ず1回は食事制限を守れない時が必ずあります。

これは人間が心っていうものを持っているから仕方ないのだけれど、この時にめちゃくちゃトレーナーと自分に嘘をつきたくなるんですよね。

ぼくもあるんですけど、食べ過ぎてしまった時とか、糖質を含んでる食事を食べてしまったときとかはやっぱりトレーナーに報告なんてしたくないですし、何よりライザップを始める前の自分に嘘をついてる感がやばいんです。

すると、自己嫌悪感がやばくて死にたくなるという。。。

卵とチーズ

実際にぼくなんかは卵あるじゃないですか。卵です。

卵とチーズ(脂質は多いが、糖質は少ない)を焼いたものがウマすぎて食べ過ぎてしまうこととかがあったりで、そういう時はほんとにトレーナーにメールしたくないです。

ちなみにメールをするとですね

rizap-mail

こんな感じで注意していただけます。

1-3.おいしい!という感情が邪魔になる

「おいしい!」「美味であるー!」

という、この手の感情が一番邪魔になります。

人間の心理的に、おいしい⇒もっと食べたいって感情が働くわけですから、おいしいっていう感情は食事制限に一番邪魔なんですよね。心理学的には正の強化とか言うやつ。

この学問的にも実証済みの動物の性質、正の強化をぶちやぶらないといけないわけです。

これがなかなかにつらい。

やっぱり、おいしいって感情が思いっきり出てきてしまうと、どんどん食べたくなるんですよね。

で、調子に乗って食べると普通に体重は戻ります。

なので、食事の時は感情をぶっ殺すのが一番効率が良いんですが、これがなかなかに難しい。そしてつらい。

2.実際に食事制限してる最中のぼくが思うこと

2-1.糖質制限をすればメキメキ痩せるわけではない

糖質制限ってわりと最近のトレンドらしいですよね。

外食先ではご飯を残して帰る人が多いとか聞きます。

でも、やってみて思ったのが、糖質制限をしてもそんなガッツリ痩せまくっていくというわけではないです。

そもそも糖質理論って

糖質食べるとインスリンブシャー!インスリンが出てデブなるお!

こういうやつなんですけど、この理論は研究者のなかで賛否両論あるらしいです。

やっぱりカロリー理論が正しいとか、そういうお話らしい。

例えば、肉100gあたり糖質が0.1gとかでカロリーはそこそこあるんですけど、糖質ないから1日5kg肉を食べても太らないぜ!ってことはないと思うんですよね。

ただ、糖質制限をするとインスリンがブシャーってでないので、食後に急激に眠くなるってことはなくなります。そういう意味では、寝ない⇒日中の活動量が上がるということから痩せやすくはなるよなって思います。

とまあ、素人がカロリーと糖質について語ってしまったんですけど、糖質を制限したからってメキメキ痩せるわけではないです!

でも、ホッペの肉は開始1週間くらいで以前よりもシャープになりましたし、食後眠くなることもないので、そういう意味だと糖質制限はやはり理にかなってますね。

2-2.食事制限は食事中が一番ガチでツライ

食事制限で一番つらいのは、お腹が減ってしまうことではなくて、食事中に食べるという行為が止まらなくなることだなと思いました。

食事っておいしいじゃないですか。

このおいしいって感情は食事の行動促進につながっちゃうんですよね。

で、その本能(おいしいから食べたいという欲求)と戦うのが本当にツライです!

2-3.現実逃避のしどころがない(笑)

生きてると「なんだよくそ!人生クソゲーかよ!しにてえ!」とかなるじゃないですか。

この時、昔だったら甘い物を食べまくって現実逃避してたところを、その選択肢をつぶされて、現実逃避できるとこがなくてつらいです。

昔は現実逃避にドカ食いを使ってたからたぶん痩せなかったんだろう・・・と思うんですけど、もうどんだけしけてもふて寝するくらいしかできなくなりました。

あとちなみに、今このブログを書いてるぼくはしけてます。

「食事制限きつすぎなんだよくそ!!!筋肉痛もいてーし!!!」とか思いながら、この不満をこの記事にぶつけてます。ありがとうブログ。

最後に

ライザップはCMみたいにムキムキに!金さえ払えば痩せれる!

というわけではないです。

やる内容はくそ地味だし、すごい王道なダイエットです。

だからやる前に期待をする人は、なんだクソじゃねえか!ってやめる人が多いらしい。

でも、楽して痩せられるわけがないし、なんでもそうだけどやるのは自分なんすよね。

目的を達成するのに苦痛はつきものなんだから、まあつらくて当たり前だと思ってます。

で、何が言いたいかっていうと、ライザップには1カ月返金制度があるんです。

それをするやつってなんなん?期待よりもつらくてサービスがクソとか言ってんの?

ぼくはそういう人は一生痩せれないと思ってるし、なんでも自分が何かをできないのは他人のせいにして生きていくんだろうなって思います!可哀想!

と、返金制度を使う人をディスって自分を追い込むのでした!

がんばります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする