家庭教師バイトのメリットとデメリット

ELLY853_honwoyomu15194531_TP_V

ぼくは少しだけ家庭教師のバイトをやっていたことがあります。

それで家庭教師のメリットデメリット両方があるので、今回はそれについて書いていきますねー。

1.家庭教師バイトのメリット

家庭教師のバイトっていったら高時給といった特徴が挙げられますね。

やっぱり大学生とかのお金がたまらなくほしい時期にはすごく魅力的です。

他にもメリットみたいなものはあるので、紹介していきます。

1-1.家庭教師のバイトは高時給

大体の場合は業者を通しても、家庭教師の場合、時給2000円はかたいです。

しかも、時給以外にもなんだかんだで生徒の親御さんと仲良くなればお菓子とかもらえたり、なんかしら大体もらえます。

つまり、時給以外に何かもらえるっていう。

高時給+バイト以外に何かしらもらえる

こんなバイトってなかなかないですよね。

1-2.業者を通さなければ家庭教師の時給はヤバイ

一般的に家庭教師をする時は業者を仲介するんですが、業者を仲介しない方法も存在します。

  • ネットの家庭教師募集掲示板を利用する
  • 大学の紹介で家庭教師をする
  • 個人で募集する
  • 先輩や知り合いからの紹介
  • 仲介業者(トライなど)との契約を切る

ざっと挙げるとこんなもんですね。

一番オススメなのは規約違反にはなるんですけど、仲介業者を最初通して良い感じになってきたら契約をぶっちんしちゃうことがいいです。

これが一番楽で安全ですからね。

1-3.家庭教師のバイトはぶっちゃけすごい楽

家庭教師って多くの場合1対1なので、個別塾や集団塾と違って楽です。

変な雑用をさせられることもなければ、変な上下関係もないですからね。

さらに勉強面で言っても、よほど勉強できる人とかに当たらない限りは知ってることを教えればいいから楽。

1-4.学歴があれば面接とか皆無

この手の受験業界は学歴さえあれば面接なんてあってないようなものです。

たぶんMARCH以上の学歴があればほんとにこの手のバイトで落とされることとか全くないですからね。

採用に関してはクソ楽。

2.家庭教師のデメリット

家庭教師バイトは高時給で楽でーっていう、良い面もありますけど、デメリット的なものも当然あります。

このデメリット面をいかに減らせるかが家庭教師をするうえで重要です。

2-1.移動時間

家庭教師を依頼する家がいつも立地的に良いかというと、そんなことは全然ないです。

当たり前ですけど、駅からクソ近いとこに住める家庭なんてごくわずかなので、ほとんど駅から距離がある家庭になります。

これが結構面倒で、時給はいいけれど移動時間にすごいかかってしまって結局普通のバイトと変わらないなんてことが起こります。

いかに立地が良くて、移動時間が少ないところを選べるかが家庭教師をするうえで重要です。

2-2.稀に生徒がクソウザイ

家庭教師を雇う家庭っていうのは、わりかしお金に余裕がある家が多いです。

それだとなんていうか、わりとウザイ子供の割合は上がります。

親から家庭教師を無理矢理つけられて勉強してるタイプの子です。

でまあ、そういう生徒に当たるとクソめんどいのでいくら時給が良くてもクソだるいですね。

対処法としては、数回やってみてキツイと思ったらさっさとやめてしまうことです。

実際にぼくが家庭教師をやってみて思ったこと

家庭教師は

  • 移動時間
  • 生徒との相性
  • 時給

これら全部を上手にクリアする条件でしか、良いバイトとは言えませんでした。

ほんとにどれか1つでも欠けているだけで、クソめんどいわりにお金があんまりもらえないってことになります。

実際ぼくは上のうち2つが欠けていたので、家庭教師を2,3カ月でやめました。

なので、いかに条件が良いものを見つけられるかっていうのが家庭教師で重要になりますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする