定時制高校に通ってた頃の生活と通ってみて思ったこと

不登校が終わって定時制の高校に通ってからは、どういった生活をおくっていたかというと・・・!

IMG_0076

(当時のぼくのPC画像)

ネトゲ

ネトゲ

ネトゲ

ネトゲー!って感じの生活をしていました。

でも、そんなネトゲ三昧の生活のなかでも、定時制高校に実際に通ってみて思ったことなどもあったので今回はそのことについて書いていきます!

定時制高校に通ってた頃の生活

netgame_chudoku_haijin

不登校時と変わらずネトゲ生活をしていました。

ただ、不登校の頃と違うのは定時制の高校に通うという時間が余分にできてしまったことでした。

つまりそれは!

ネトゲの時間が減る・・・!

ということ!

今まではひたすら起きてから寝るまでネトゲをしまくってればよかったものの、高校にも通わないといけなくなったので大変でした。

え、何が大変なの!?と思うかもしれませんが、当時ぼくはネトゲ廃人になっていて、そのゲーム内でメチャクチャ強い部類に属してたんです。

それゆえに、そのゲーム内で他の人に負けたくないてきな、自分の地位を崩したくないてきなやつができてたんですね~。

mig

こんな感じで、学校は13時~18時で終わらせて18時~3時くらいまでネトゲするって生活をしてました。学校では余裕で寝てました。

定時制に通ってみて思ったこと

定時制に通ってみて思ったことは、主に2つです。

1つめは、定時制は普通ではないということ

2つめは、おれマジで雑魚すぎて生きる恥さらしだわってこと。

1.定時制は普通の高校とは違う

当たり前ですけど、定時制高校は普通の高校とは多くの点で違います。部活やら学校の活気やらいる人やら・・・。

ほんとすべてが違うなあ・・・と思いました。

別に定時制をディスってるわけではなくて実際にこれは事実で、ほんとにヤベエしか言えませんでした。

だからぼくは同じ場所にいながら、「こいつらと同じになりたくねーなーあー」と思って、当時はほんとに人と関わりを持たなかったんですけど、今思うと嫌なやつですね笑。

2.自分が超落ちこぼれなことを痛感した

定時制通ってると、まあふつうに考えて偏差値という枠にすらハマらないので、めっちゃ周りの高校から見下されます笑。

「どこの高校~?」

「~~高校(定時制の高校名)」

「そうなんだ~(ばかだ~w)」

勝手に劣等感を感じてるだけだったのかもしれませんけど、当時はそれがつらかったです!

「高校名言うの恥ずかしいし・・・、ああ・・・、つらし・・・」と思ってました。

でも、この学歴に対する劣等感的なものがぼくが大学受験をする動機になったので、今思うと良かったのかな~なんて思ったりします。

定時制の劣等感から大学受験に!

定時制に劣等感しか感じていなくて、ちょうどネトゲもネトゲ自体がオワコンになってしまったので、ぼくは大学受験をすることに決めました。

ちなみにその頃の学力はすごいウケるレベルで、英単語のweekやnightを知らないレベル、数学だったらプラスマイナスの計算を3割くらいミスるレベルでした。

もちろん、全国模試では数学は1問しか解けなくて最下位から25番目くらいにいました。偏差値20付近をたたき出すという奇跡。

って感じで、次の記事(不登校から早稲田いったおwてきなやつ)に続く~。

元不登校で定時制から早稲田に行ったら人生変わったお話
ぼくは中学でいじめられて、不登校になってから、定時制の高校に行きました。というか、定時制以外行けなかったので行った!というのが正確な表現ですね。 今回は定時制に入学したぼくが早稲田に入れて人生が変わったので、そのお話でも書いていこう。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする