何事も効率よりも継続が大事な理由

最近よく思うのだけれど、効率よりも継続が大事だなと。

ダイエット、勉強、運動、仕事とか全てにおいて効率よりも継続のが重要な理由を書いていこう!

効率よりも継続を意識することの大切さ

1.どうせ効率は意識的に上がらない

意識的に上がる効率ってたかが知れてます。

いわゆる最強の勉強法とか、最速仕事術てきなやつらです。

ノウハウをいくら伝えたところで、小学生と偏差値70の受験生がよーいドンで受験勉強を始めたら間違いなく後者のほうが効率が良いですよね。

効率って、意識的に上がるものではなくて継続していると無意識的に上がってくるものなんですよ。

勉強を効率良くやりたい!と思うのは自然なことなのだけれど、効率を無理やり上げようとしてもぶっちゃけそこまで上がらないでしょう。

それよりも効率はあんまり良くなくても、毎日毎日継続していれば勝手に効率が上がってくるんです。

それは継続をしていれば、継続の中から試行錯誤がうまれるから。

効率は意識的に上がるものってたかが知れていて、無意識的にあがるもののほうが圧倒的なんですよね。

2.いくら効率が良くても継続が必要だから

いっくら効率が良くても、何かをする時は必ず継続が不可欠になります。

数日で終わってしまうようなことは誰でもできるので、そこに価値はうまれません。

でも人間誰しも継続は得意でないから、継続して物事を続けることで価値がうまれます

大学受験はすごく分かりやすくて、難関大学に入るためにはいくら効率が良くてもある一定期間の努力が必要です。

東大に入る人は天才なんじゃなくて、勉強を継続してる期間が長いから入れるわけで効率とかの問題じゃない。圧倒的な継続力の問題。

他にもダイエットとかが分かりやすいです。

ダイエットの最効率は何も食べないことですよね。

でも最効率を意識して実践しても、どうせすぐ挫折します。1kgも体重は減らないでダイエットは終わるでしょう。

いくら効率が良くても継続できないから痩せられないんです。

でも毎日少しずつでも、食べるものを減らして運動量を増やせば本当に少しずつ体型が変わるはずです。

これらの例からも分かるように、一般的に天才とか頭良いとかスゴイものっていうのは才能や効率よりも努力で得られるものばかり

結局なんでも継続が必要なんですよ。

3.誰もが苦手だけど、誰でもできるのが継続

人間誰もが苦手なことは継続です。

でも一方で、誰でもできて圧倒的な差をうむのも継続なんですよね。

たぶん、いつからでも継続っていう行動は始められるし費用もかからないから、多くの人が継続を軽く見てるんだろうとぼくは思ってます。

ありえないのだけれど、これがもし、何かを継続したいなら開始する時に1万円払いましょう!とか言われたら、やるしかないわけです。だってもったいないから。

例を挙げるとライザップはまさにこれで、ダイエットを始める前に何十万って払うから挫折する人が少ないんです。

10万とか20万とか払って何も得られなかったらもったいないでしょ・・・?

この場合は目に見えるお金というものが絡んでいるから強制力が強くなります。

だけど、普段の行動の継続って目には見えないんです。

その継続をやめて何が失われるかとか、継続することで何が得られるかが明確でない。

だから毎日続けられないわけです。

ぼくは継続ができないフラフラした人っていうのは、結局フラフラした人生で終わると思ってます。

あっちやってみたりこっちやってみたり、そうやってフラフラしているから最終的に何も身に付かず終わる。

でもそれってつまんないですよね。

だって、何かできた!とかの喜びがないままただ時間だけが過ぎて死んでいくわけですから。

ぼくの人生が底辺から脱せたのは継続のおかげだった

ぼくは中学から不登校になって定時制の高校に行きました。

もうまさにその頃は同年代のなかだとTHE底辺です。

毎日ひたすらネトゲをやる日々で周りからの評価もあったものじゃないし、認められることもありませんでした。

でも、ぼくがこの底辺を脱せたのは継続のおかげでした。

2年間受験勉強というものを継続したけれど、たかだかそれだけで中学を2年間行かず定時制の高校に行ったことなんて今では話しのネタになるくらいにまでなったんです。

このように今の状態を脱したいとか、何かを変えたい人は継続をすれば人生変わります。

まさにぼくは今人生を変えようと思って継続の最中だけれど、継続することってつらいこともたくさんあるけどその分喜びも多いんですよね。

チャンスを待っているのではなくて、継続してチャンスを掴もう!ってことですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする