ぼっちなぼくが教える、大学生はぼっちで大丈夫な理由!

1431787887493.jpg

(右下の2個目がぼく)

大学生でぼっちについて悩んでる人って多いらしい。

実はぼくも、大学1年生の夏から冬くらいまでは大学のぼっちをこじらせていたんです。

ぼっちだと寂しいし、なんだか居場所がないようでつらかった。

でも、今のぼくからしたら「いやいや、どうせ人生なんて自分が生きないといけないんだから1人でイイジャン!たまに話せる仲間がいれば!」と思ってしまいます!

大学生はぼっちでいいんじゃない!?

大学生がぼっちでいい理由

ViAQDPbCenwoIua1460766251_1460766317

1.ぼっちなら時間を好きに使える

ぼっちだと好きに時間を使えて良いですよ。

勉強をしたいと思えば勉強するだけの時間があるし、どこか行きたいと思えば行けるし、やりたいことができます。

目指す自分になるための時間が十分に確保できるし、周りからの「意識高いネ!」攻撃もくらわなくなるし、そういった意味でぼっちって良いと思っちゃいますぼくは!

でも、これが大学生の集団に属していたら、周りからの同調圧力もだるいし、人付き合いで消耗します。

大学ってほんとにみんな同じになりがちで、同調圧力がすごい。

人って普段いる人と自然と似てくるから、実はそういう集団に属しているだけでかなり自分に対して有害です。

さっさと距離を取るのがいいでしょう。

人生って毎日をただ浪費するよりも何かやりたいことのために1日1日を使うほうが楽しいと思いませんか?

もし、そういう考えがある人は、浪費組にわざわざ加わって消耗するのは勿体ないですよ。

いいんじゃない!?

1人で!

2.群れてるだけで仲間じゃない人達が多い

仲間と群れるのは違います。

群れてるのって客観的に見ると、なんだか仲良さそうに見えるし、楽しそうだし、群れてるだけでキラキラしてる感はでるんです。

でも、実際のところ本質はそうじゃない。

仲良くてお互いを本当に理解しあって一緒にいるよりも、とりあえず寂しいから、一人でいるのが嫌だから人と一緒にいるパターンが実際のところすごく多い。

他にも、案外楽しそうにしてて楽しくなかったりする人はいるでしょう。

一人でいるのがツライってだけの理由で、無理やり周りに合わせて群れてる人たちです。

なんていうかぼくからすると、「すごく大変そうだなーお疲れ様でーす」としか思えないんですよ。

本当に一緒にいて楽しくて、自分が生きてる実感があるなら問題は全くないんですけど、そうじゃない人が多いのが事実です。

とにかく寂しさだけを埋めるために人とつるんでる人達って多いんですよね。

あなたがつるんでる友達は本当に友達ですか?

もし、少しでもだるいとか思ってんなら、さっさとぼっちになれば良いよ!

3.人生なんだかんだ言っても1人

人生の主人公は自分です。

なんだかよく聞く自己啓発本みたいな台詞ですけど、人生の主人公ってやっぱり自分です。いや、自分であるべき!

人生の主人公が自分になってない人、いわゆる他人に合わせてばっかで、流されて生きてしまうのはすごいつまらないんですよね。

しかも、つまらないだけじゃなくて最終的に自分には何も残りません。

ふと自分の生きてきた道を振り返ってみたら、「あれ、おれって何もできてなくね?」と思うのって悲しいし、何より虚しすぎるんですよ。

そして、人生の主人公を自分にするためには、1人の時間が必然的に多くなります。

何かを達成したいとき、何かをやってみたいときって多くの場合が1人です。複数人でやる場合もあるけれど、基本はやっぱ1人。

例えば、ぼくがネトゲで最強の付近まで強くなりたかったときとか、受験勉強で偏差値30から早稲田を目指したときなんて毎日ほぼ1人でした。

生きてる9割くらいの時間を1人で過ごして、残り1割で他の人から励ましてもらうみたいな、そういう生き方をしてました。

1人って確かにつらいし、寂しいのだけれど、必要な時間なんですよね。だって人生の主人公は自分だから。

でもこの寂しいっていう感覚に耐えられない人って多いんですよ。年齢問わずに。

なんで寂しさに耐えられないかって、間違いなく学生時代に意味もなく傷のなめ合いのごとく群れてるからそうなるわけです。

群れていつも強気でいることに慣れていると、いざ1人になったらなんもできないんです。

だからぼくは基本的にぼっちで良いと思う。それでたまに自分を理解してくれる人が現れたらその人を大事にして本当の仲間になればいい。

ぼくは、ぼっちで良いと割り切ってから楽になった

コミュ力があるのが正義!

人と仲良くするのが良い!

というふうにどうしても今の時代って思いがちなのだけれど、コミュ力も人と仲良くする力も必要ないんですよ。実際のところ。

コミュ力とか人に合わせることばっか上手になっても、結局何も自分に良いことってないし、そういう上辺だけの関係ってだるいじゃないですか。

もちろん、人とコミュニケーションを取る最初の段階では、そういうスキルも必要ではあるのだけどそれをずっと続けていても仕方ないんです。

ぼくはこのことに気付いてからほんと楽になりました。

変に人に合わせることもなくなったし、面倒な人付き合いもなくなったので、外にでることでストレスを強く感じることがなくなったんです。

周りに必死に合わせてストレスを溜めるのはほんとにアホだよな!と思うばかりです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする