ぼくがいじめられて中学2年生から不登校になったお話

ぼくの詳しいプロフィール
初めまして!ゆうとです! えーと、自己紹介的なものをここで軽くしてから、よくある生い立ちてきなものを紹介していこうと思います。 1995年生まれで、今は早稲田の人間科学部というブランド力以外なんの役にも立たない大学に通ってます笑。所...

上の記事でも触れてはいるんですけど、ぼくは中学2年生の時にいじめがキッカケで不登校になりました。

不登校になってからは、日々ネトゲに明け暮れて、寝るのは朝の5時で起きるのが昼の2時。こんな生活をひたすら繰り返して生きてました。

今回はなぜ不登校になったのかと、不登校になってからの生活をおおざっぱに書いていきたいと思いますー!

ぼくが不登校になったキッカケはいじめだった

deipsjgdzop2tmz1473879986_1473880074

ぼくが不登校になったキッカケ?原因?みたいなもんは、よくありがちな、いじめられたからでした。

大学生になった今でもなんとなーく思い出せるんですが、マジでいじめって怖いです笑。

ぼくが中学の時にいじめられた原因

ぼくが中学の時にいじめられた原因は、クッソ調子に乗っていたから!でした。

ほらあれじゃないですか、中学生ってなんかやたらオラオラして「おれwwwwケンカwwwwつえーーーーーーーーーーーーーーーーーからなぁあwwww」みたいな、そういう年頃じゃないですか。

で、ぼくがまさにそれだったんですね。

そしたらある日突然いじめられ始めて、いじめられLIFEが始まった感じです。

ぼくがいじめられた内容

いじめられるにもいろいろ種類があると思います。

「やーいwゆうと菌だーw」てきなやつから、ひたすら陰口や無視、オラオラァ!と、いろいろあります。

ぼくが主にやられた内容は、

  • 蹴られる
  • 突進される
  • 肩とかを殴られる
  • はぶられる

こんな感じですかねー。

なんだかんだで一番つらかったのが、昔のわりとたくさんいた友達が一気に、いじめる側のほうにいってしまってぼっちになったことです。中学のぼっちはガチつらでしたねー!

ただまあ、ぶっ殺されそうになったりはしなかったのでそこは良かったのかもしれません!

実際にいじめられて分かったこと

実際にいじめられてみて分かったこともあったので、書いていきます!

  1. 仲間からはぶられるのはクソ悲しい
  2. いじめてくるやつらが単純に怖くみえる
  3. 今までの友達もさようなら
  4. 学校がまさに地獄
  5. 人通りが少ない帰宅ルートで帰宅

いやもうほんとに、学校が地獄そのものでした。

いじめてくるやつらが怖すぎて怖すぎてふ~るえる~♪って感じで、勉強なんて学年で最下位付近の学力だったのに、いつも「座学の授業こい!座学!!座学!!」と願ってました。座学以外だと話す人がいなくてつらかったからです・・・。

他にも、中学校までの通学路を変えて(少し遠回り)で行き帰りしてたこともありました。いじめっ子に会わないためです。

おいなんか悲しいぞ!!中学の頃のぼくを全力で褒めたいww

というわけで、実際にいじめられて分かることは学校がすべての中学生はいじめられるとまさに地獄っていう。

ぼくは夏休み終わりに自殺する子供が増えることになんとなく納得してます。

不登校になってから

neet_man

不登校になってからのお話です。

ぶっちゃけ、ネトゲしかしてませんでした笑。

不登校になるといじめられない解放感ぱなかった

不登校になると今までの地獄のような生活から全く変わって、やすらぎとやすらぎとやすらぎの中にいました笑。

実際、当時はそれくらい学校が怖くてまさに地獄だったんですよー。

おっ!不登校になって暇だからネトゲしたろww

425f240fbb12c9abe7748785deca9a3ff958c68c1429512306

というわけでやって参りました、ネトゲライフです。

昔、小学校の頃にハマったメイプルストーリーを再びやり始めました。

するとどんどんハマっていって、気付いたら朝の5時に寝て昼の2時に起きるという生活に。それ以外の時間はネトゲをひたすらやってました。正直楽しかったです。

中3の冬に定時制高校を受けることに強制的に決定

今思えば良かったことなんですが、担任やら親から定時制高校を勧められて受験することになりました。

最初は、「だりいよ・・・ネトゲしてえよ・・・」としか思いませんでした。

が、

親から「受かったら新しいPCと部屋でネトゲをする許可を与える!」と言われたので、アッサリ受験することに決定笑。

gorogoro_neet

当時THEクズだったぼくは、高校の面接練習を校長先生がしてくれるという約束も7割くらいの確率ですっぽかし、定時制高校に事前に提出する作文的なものもすべて不登校のカウンセラーさんの人に丸投げをするという、本当にクズの中のクズでした。

そんなぼくも周りの大人たちのおかげで、むしろ周りの大人たちの力のみで、定時制高校に受かる!かと思いきや、1発目で落ちました笑。

でも、なんとか2発目で受かり、一応不登校を脱することに・・・!

定時制高校に入ってからの続きは

有料メルマガで!!!登録はコチラ!!!!

というのは嘘で下の記事になります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする