大学生って大学生活を無駄にしすぎじゃない??ばかなの??

fa82611f92cf6d841d770e64ce5b5dd4

バカなの?

いや、バカでしょ。

人それぞれ無駄の定義って違うと思うんですけど、どうなんでしょう、何が無駄なんでしょう・・・。やっぱサークル??

はい、サークルをディスる記事はこちらですvv

大学のサークルは必要ないからさっさとやめよう!
ほとんどの大学生が入学後に意識するのがサークルです。 「サークル入るのが良い!」「サークルで楽しいキャンパスライフを!」てきな感じでね。 でも、本当に心からやりたくてやってる人って少数なんじゃないですかねー。 ...

で、ぼくてきにすげー大学生活無駄にしたなーって思うエピソード(1年間)があるので、書いていきますね。

大学1年間を無駄にしたなーと思うこと一覧

大学1年生の頃は、ほんと毎日目標も目的もなく過ごしてました。

「やべえーwwwおれ早稲田ァアァァァァァwww」からの、一気にドツボにハマっていく1年間で、なんとなく人前では人生楽しそうに振る舞ってはいたんですけど、口癖は「人生つまらん、死にたい、大学とかまじでいらねえ」でした。

大学のサークルっていう世界に魅力を感じてしまった

基本的に、人間って寂しさを感じる生き物じゃないですかw今この記事を書いてる深夜4時のぼくも寂しいですwwウーーーwwww

はい。

でまあ、大学生でぼっちってなんか寂しいし、友達っぽい人がいたほうがいいんじゃないかなって思いで、大学1年の頃はサークルってやつに微妙に首をつっこんでました。

でも、当時は無駄に意識だけ高かったので、遊んでいても人といても常に心に不満があったんですよねー。なんかつまらないっていうか、満たされない感覚でした。

満たされてはいないけど、なんとなく1人でいるのは悲しいし寂しいって思いから、人との交友関係(上辺の友達っぽいのがたくさんいたような感じ)をしてました。

だから、寂しさを紛らわすために、自分が何もしてないことから目を背けるために、サークルに少しだけ入ってみたり遊んでみたりしてたんですよー。

今思うと!すごく!無駄だった!

と思います。ただまあ、その無駄だったことに気付けたことが収穫だったのかなーとは思いますね。

バイト→浪費のループ

バイトしたお金を浪費ばっかしてたのは、ほんとに無駄だったなと思います。

大体週3くらいでバイトをしていて、バイト代が4万円~5万円くらいだった気がするんですけど、そのお金をひたすら浪費してました。

物を買ったり、遊び代だったり、飯代にしかならなくて結局あの頃はお金の使い方がクッソへたくそだったなと思います。今だったら知らない知識を入れるために本買え!ドメイン買え!仕入れして転売してもっと金増やせ!!って言うと思います笑。

稼ぐ力もない状態で、浪費ばっかしてることほどアホなことはないですねまじで。

maxresdefault

で、多くの人をディスることになりますけど、たぶん世の中ってお金の使い方が下手クソな人が圧倒的に多いと思います。もちろん、下手クソな人がたくさんいるから格差が広がっていくし、上手い人は好きを仕事に!とかできて人生の満足度っていう点でも差がつくんでしょうね。

英語の勉強という名のオナニー

%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%81%ae%e5%8b%89%e5%bc%b7

ぼくは大学1年の頃に少しだけ英語の勉強をしてました。

TOEICで良い点数取るんだ~てきな。

でまあ、今思うとこれってほんとにオナニーというか、完全に自己満足乙だったなって思います。

別にTOEICのスコアを取ることを否定してるわけではなくて、頑張ってない自分から目を背けるために勉強してて、勉強が手段じゃなくて目的になってたんです。

そんな状態でいくら勉強しても(ていうかできない)結果はでませんし、でたところで、「で?それで?どうするの?」っていう悲しい結末にしかならないぞっていう。

無駄だったと思うことから学びが得られればそれでいいんじゃね?

「大学1年間無駄にしました!もう死にたいです!飛び降りたいでえええええっす!!!」とかほざいてても仕方ないんで、まあその無駄経験から学びがあればいいんじゃないかなって思います。

サークルもバイトも英語の勉強もやってみて「あーこれは違うわー」って1年もかかってしまったけれど、気付けたこと自体が大きな進歩だったのかもしれません。

だからまあ、やってみて違うのかそれでいいのかってのが分かればそれはいいことなのかもしれないですね!

でも、大学なんてぼくからしたら無駄の塊というか、無駄しかないと思います。唯一あるのは、多少のブランド力だけ・・・。そこに痺れる憧れるのかもしれませんけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする